鈴木道彦(2)(読み)すずき みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「鈴木道彦(2)」の解説

鈴木道彦(2) すずき-みちひこ

1929- 昭和後期-平成時代のフランス文学者。
昭和4年4月26日生まれ。鈴木信太郎の子。一橋大教授,のち平成元年独協大教授。サルトルの研究で知られる。8年からプルースト「失われた時を求めて」の個人全訳を刊行し,13年完結(読売文学賞)。東京出身。東大卒。著作に「サルトルの文学」「アンガージュマン思想」「越境の時」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android