鈴木 いづみ(読み)スズキ イズミ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「鈴木 いづみ」の解説

鈴木 いづみ
スズキ イズミ


職業
小説家 女優

本名
鈴木 いずみ

別名
芸名=浅香 なおみ

生年月日
昭和24年 7月10日

出生地
静岡県 伊東市湯川

学歴
伊東高〔昭和43年〕卒

経歴
父は読売新聞記者を務め、「あゝサムライの翼」の著書がある鈴木英次。伊東高校では文芸部に所属。昭和43年高校を卒業するとキーパンチャーとして伊東市役所に勤務した。44年上京してピンク映画の世界に入り、火石プロに所属して“浅香なおみ”の芸名で活動。45年ポルノ映画「処女の戯れ」でデビュー。同年寺山修司が主宰する天井桟敷の舞台「人力飛行機ソロモン」に出演。46年には天井桟敷で「鈴木いずみ前衛劇週間」が開催され、自作戯曲が上演された。他の出演作に映画「絶妙の女」「情炎女護ケ島」「女医の性徴期」など。傍ら、静岡時代より小説を書き続け、45年「声のない日々」が文学界新人賞候補に選ばれ、“小説を書くピンク女優”として話題を呼んだ。以降、鈴木いづみの筆名で小説家に転じる。48年初の著書「あたしは天使じゃない」を刊行。50年「SFマガジン」に初のSF小説「魔女見習い」を発表してからは数々のSF作品を手がけ、SF作家として知られた。この間、48年フリージャズのサックス奏者・阿部薫と婚約。一人娘を授かったが、52年離婚。53年阿部が薬物の過剰摂取により、29歳で急死。61年36歳の時に自宅で縊死した。他の著書に「愛するあなた」「残酷メルヘン」「女と女の世の中」「いつだってティータイム」「感触」「恋のサイケデリック!」「ハートに火をつけて!」などがある。没後、「鈴木いづみコレクション」(全8巻)「鈴木いづみセカンド・コレクション」(全4巻)と計12冊の作品集が編まれるなど熱心な読者を持ち、7年には阿部との関係を描いた映画「エンドレス・ワルツ」が公開された。

没年月日
昭和61年 2月17日 (1986年)

伝記
鈴木いづみ×阿部薫 ラブ・オブ・スピード午後の自画像鈴木いづみ 1949〜1986 文遊社編集部 編五木 寛之 著西村 珠美 編(発行元 文遊社角川書店文遊社 ’09’94’94発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典「鈴木 いづみ」の解説

鈴木 いづみ (すずき いづみ)

生年月日:1949年7月10日
昭和時代の小説家;女優
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

20世紀日本人名事典「鈴木 いづみ」の解説

鈴木 いづみ
スズキ イヅミ

昭和期の小説家,女優



生年
昭和24(1949)年7月10日

没年
昭和61(1986)年2月

出生地
静岡県伊東市湯川

本名
坂本 いづみ

別名
芸名=浅香 なおみ

学歴〔年〕
伊東高〔昭和43年〕卒

経歴
昭和43年キーパンチャーとして伊東市役所に勤務。44年上京して映画界に入る。火石プロに属し、“浅香なおみ”の芸名でポルノ映画「処女の戯れ」でデビュー。この他「女性の性徴期」などに主演。かたわら小説を書き、45年「声のない日々」が文学界新人賞候補に選ばれ、小説家に転じる。著書に「あたしは天使じゃない」「愛するあなた」「恋のサイケデリック」「残酷メルヘン」「女と女の世の中」など。48年ジャズマンの阿部薫(53年死亡)と結婚、一児をもうけたが52年に離婚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android