コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿の因縁

1件 の用語解説(鈴鹿の因縁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鈴鹿の因縁

1990年の日本グランプリは決勝スタート直後の第1コーナーで、マクラーレンのアイルトン・セナとフェラーリアラン・プロストが接触。2人ともリタイアし、セナのワールドチャンピオンが決まった。2年連続で、因縁の2人の接触だった。前年の日本グランプリでは、最終コーナー手前で、共にマクラーレンだった2人が接触、ホイールをからませて止まった。レースをあきらめたプロストに対し、再び走り出しトップゴールしたセナの優勝が認められず、裁定の結果を待ち、プロストが89年のチャンピオンになっていた。セナは91年の日本グランプリの会見で、90年の接触が故意であったことを認めた。90年はこの第1コーナーの事故の後もリタイアが相次いだ。優勝はベネトンチームネルソン・ピケ。3年ぶりの勝利だった。

(2012-06-07 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴鹿の因縁の関連キーワードグランプリレースプリンスR380-型Iグランプリモナコグランプリグランプリトクシュウ殺人グランプリ声優グランプリF1トルコGP決勝モナコ・グランプリ1988年の日本グランプリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone