コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿の因縁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鈴鹿の因縁

1990年の日本グランプリは決勝スタート直後の第1コーナーで、マクラーレンのアイルトン・セナとフェラーリのアラン・プロストが接触。2人ともリタイアし、セナのワールド・チャンピオンが決まった。2年連続で、因縁の2人の接触だった。前年の日本グランプリでは、最終コーナー手前で、共にマクラーレンだった2人が接触、ホイールをからませて止まった。レースをあきらめたプロストに対し、再び走り出しトップでゴールしたセナの優勝が認められず、裁定の結果を待ち、プロストが89年のチャンピオンになっていた。セナは91年の日本グランプリの会見で、90年の接触が故意であったことを認めた。90年はこの第1コーナーの事故の後もリタイアが相次いだ。優勝はベネトンチームのネルソン・ピケ。3年ぶりの勝利だった。

(2012-06-07 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

鈴鹿の因縁の関連キーワード地球温暖化防止条約荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新富岡多恵子ホスピス海部俊樹内閣

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android