コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄ミョウバン(明礬) てつみょうばん

1件 の用語解説(鉄ミョウバン(明礬)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鉄ミョウバン(明礬)【てつみょうばん】

(図)型の複塩。純粋なものはいずれも無色の結晶で,互いに混晶をつくる。一般に不純物として微量のマンガンを含むため淡紫色を帯びる。カリウム塩,アンモニウム塩が普通。
→関連項目ミョウバン(明礬)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

鉄ミョウバン(明礬)の関連キーワード水晶セルロイドブタノール何れ劣らぬ何れも何れも様黄燐炭化珪素

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone