コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道の安全対策事業

1件 の用語解説(鉄道の安全対策事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鉄道の安全対策事業

00年12月と01年6月に相次いだ京福電鉄(福井県)の正面衝突事故を受けて、国交省が全国の鉄道に対策を求めた。営業を続けるためには原則として、08年度までの対策が必要。制度上、可能な事業費の負担割合は津軽鉄道の場合、事業者が7700万円、国1億5千万円、県と沿線の五所川原市、中泊町も計1億5千万円。このうち、両市町は財政支援する方針を決めている。津軽鉄道は県の支援を求め、9月までに協議する方針。

(2006-02-06 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄道の安全対策事業の関連キーワード脱原発教育再生会議相次いで筋弛緩剤事件志賀原発訴訟北九州市監禁殺人事件インド洋での給油活動筑波大で相次いだ学内セクハラ石川芳次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone