コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つる

大辞林 第三版の解説

つる【鉉】

〔「つる(弦)」と同源〕
土瓶どびん・鍋などの上に半円状にわたしてある取っ手。
ますの上に、対角線状にわたしてある鉄の細い棒。ものを量るとき水平にならすためのもの。 → 弦掛け枡

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉉の関連キーワード親日反民族行為真相糾明委員会韓国06年統一地方選挙韓国の大統領制と改憲さばくのきょうりゅう弦掛け枡・鉉掛け枡オーマイニュース朝鮮人の遺骨返還朝鮮語学会事件朝鮮人遺骨返還バランサー外交戦時作戦統制権チェイクヒョン日朝修好条規平和繁栄政策ハンナラ党黄檗柏樹子ハンギョレ民主統合党ノムヒョン均衡者外交

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉉の関連情報