鉤・鈎(読み)かぎ

大辞林 第三版の解説

かぎ【鉤・鈎】

先が曲がった金属製・木製の器具。物を掛けたり、とめたりするのに用いる。
のように曲がった形。 「 -鼻」 「 -の手」
かぎかっこ。
鉄の鉤に長柄のついた武器。 「富田賊船に-を打掛、九鬼が船に引付る/武家名目抄

こ【鉤・鈎】

巻き上げた簾すだれを掛けて置くかぎ形の金物。 「御簾の帽額もこう、総角あげまきなどにあげたる-のきはやかなるも/枕草子 201

ち【鉤・鈎】

つりばり。 「其の口を探れば、果して失せたる-を得/日本書紀 神代下訓

はり【鉤・鈎】

〔「はり(針)」と同源〕
釣り針。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android