コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河の森天文台

1件 の用語解説(銀河の森天文台の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

銀河の森天文台

正式名称は「りくべつ宇宙地球科学館」。町が総事業費約7億円で建設。反射望遠鏡は開館当時、一般公開型の天文台としては国内最大(現在5番目)だった。総合観測室には名大太陽地球環境研究所と国立環境研究所の観測拠点を併設し、成層圏対流圏の大気、オーロラなどの観測・研究をしている。開館時間は午後2時~同10時半で、月・火曜日休館。入館料は昼間が大人300円、子ども200円。午後6時以降は大人500円、子ども300円。

(2011-07-04 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀河の森天文台の関連キーワード区別告別別名国立極地研究所食品表示特別Gメン大気科学特別規定特別債特別立法変位法則(地球科学)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀河の森天文台の関連情報