コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銑・鏟 せん

大辞林 第三版の解説

せん【銑・鏟】

両端に柄のついた鉈なた様の刃物。桶おけ・樽たる・曲げ物細工の部材加工や、鉋かんな・鑿のみなどの刃の裏すき、地金削りに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銑・鏟の関連キーワード両端刃物

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android