コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銑・鏟 せん

大辞林 第三版の解説

せん【銑・鏟】

両端に柄のついた鉈なた様の刃物。桶おけ・樽たる・曲げ物細工の部材加工や、鉋かんな・鑿のみなどの刃の裏すき、地金削りに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

銑・鏟の関連キーワード両端刃物