銭洲海嶺(読み)ぜにすかいれい

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕銭洲海嶺(ぜにすかいれい)


伊豆(いず)諸島北部の神津(こうづ)島から南西に延びる海嶺。長さ約200km。石廊(いろう)崎の南約70kmに2つの顕礁(けんしょう)からなる銭洲がある。駿河舟状(するがしゅうじょう)海盆駿河トラフ)・石廊海底谷の南東縁をなす。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android