鋳化(読み)ちゅうか

大辞林 第三版の解説

ちゅうか【鋳化】

( 名 ) スル
金属をとかして、型どおりのものをつくること。転じて、型にはめること。 「よし同型中に-せられんでも軒を比ならべて狂人と隣り合せに居きよを卜ぼくするとすれば/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android