コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋸挽き・鋸引き のこぎりびき

大辞林 第三版の解説

のこぎりびき【鋸挽き・鋸引き】

鋸で切ること。
刑罰の一。鋸で首を挽き切る刑。江戸時代には主殺し・親殺しの罪人に対して行われ、杙くいにつないで首かせをはめ、刀で両肩に傷をつけ、その血を竹鋸にぬりつけて側におき、二日間さらしておく形となった。この間望む者は竹鋸で罪人の首を挽くことができた。そのあと引き回しの上、磔はりつけに処した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鋸挽き・鋸引きの関連キーワード江戸時代親殺し刑罰竹鋸罪人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android