錦 米次郎(読み)ニシキ ヨネジロウ

20世紀日本人名事典の解説

錦 米次郎
ニシキ ヨネジロウ

昭和・平成期の詩人



生年
大正3(1914)年6月28日

没年
平成12(2000)年2月12日

出生地
三重県飯南郡伊勢寺村(現・松阪市)

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
中日詩賞(第2回)〔昭和37年〕「百姓の死」

経歴
高小卒業後、京都・西陣織帯地問屋店員となり、のち農業に従事する。昭和12年召集、21年復員。この間、7年頃から詩作をはじめ、24年「三重詩人」を創刊して主宰。「コスモス」などにも参加し、農民詩人として注目される。21年「日録」を刊行し、37年「百姓の死」で中日詩賞を受賞。明治初期の農民暴動「伊勢暴動」を書いた長編叙事詩「野火」をはじめ、四日市公害芦浜原発長良川河口堰など社会問題を風刺した作品を数多く発表。他に「旅宿帳」や随筆集「百姓の死」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

錦 米次郎 (にしき よねじろう)

生年月日:1914年6月28日
昭和時代;平成時代の詩人
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる