コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦光山(3代) きんこうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦光山(3代) きんこうざん

?-? 江戸時代中期の陶工。
家業の京都粟田焼(あわたやき)窯元をつぐ。宝暦6年(1756)幕府御用茶碗(ちゃわん)師となり,天目茶碗,御鷹野(おたかの)茶碗を製作。また青蓮院宮(しょうれんいんのみや)の御用を命じられ,錦光山の名をもらい,以後代々錦光山を名のった。開祖小林徳右衛門からかぞえて3代とする。通称は喜兵衛,または茂兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

錦光山(3代)の関連キーワード家業陶工

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android