コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦城斎典山(初代) きんじょうさい てんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦城斎典山(初代) きんじょうさい-てんざん

?-? 江戸時代後期の講釈師。
天保(てんぽう)(1830-44)のころ,釈台をおき,張り扇と拍子木を両手にもってよむ演出を考案したとされる。初代桃林亭東玉とならび称され,門下から初代一竜斎貞山をだした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

錦城斎典山(初代)の関連キーワード講釈師