錦城斎典山(2代)(読み)きんじょうさい てんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦城斎典山(2代) きんじょうさい-てんざん

?-? 江戸時代後期の講釈師。
2代一竜斎貞山の門弟。2代貞水が,貞林をへて襲名拍子木だけをつかい,ひとことで2階から階下におりるさまを表現するなど,たくみな読み口で人気をあつめた。世話物を得意とし,「鼻かけ典山」とよばれた。前名は巴水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android