コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦城斎 典山(3代目) キンジョウサイ テンザン

1件 の用語解説(錦城斎 典山(3代目)の意味・用語解説を検索)

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

錦城斎 典山(3代目)
キンジョウサイ テンザン


職業
講談師

本名
青山 嶽次郎(アオヤマ タケジロウ)

別名
前名=一龍斎 貞花(2代目),一龍斎 貞丈(2代目),一龍斎 貞山(5代目)(イチリュウサイ テイザン)

生年月日
文久4年 2月3日

出生地
江戸・神田(東京都 千代田区)

経歴
3代目一龍斎貞山に弟子入り。貞花、貞丈を経て、明治23年5代目貞山、40年に3代目錦城斎典山を襲名。時代物、侠客伝、世話物など幅広い演題をこなし、人物表現、情景描写は絶品と評された。

没年月日
昭和10年 1月7日 (1935年)

家族
母=竹本 越花(女義太夫),長男=花柳 寿楽(日本舞踊家)

親族
女婿=花柳 寿輔(2代目)(日本舞踊家)

伝記
私の出会った落語家たち―昭和名人奇人伝 宇野 信夫 著(発行元 河出書房新社 ’07発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦城斎 典山(3代目)の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)日本名数小辞典日本神話の神々

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone