錦玉羹/金玉羹(読み)きんぎょくかん

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

和菓子の一種寒天を煮溶かし砂糖や水あめを加えて煮詰め、に流し入れて固めたもの。透明な美しさを生かし、異なる色のものを合わせたり、練り切りやあんで作ったあゆ・金魚などの風物やみつ漬けのあずきなどを中に入れたりして、夏の情緒をあらわしたものが多く作られる。◇江戸時代には「金」と書くことが多かったが、次第に「」が用いられるようになったとされる。「錦玉」「錦玉糖」ともいう。「琥珀(こはく)」「琥珀かん」「琥珀糖」ということもある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android