コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

録画モード (DVD)

1件 の用語解説(録画モード (DVD)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

録画モード (DVD)

DVD-RAM陣営とDVD-RW陣営では、録画モードにも違いがある。たとえば松下電器産業DVD-RAMコーダには、XP(高画質)/SP(標準)/LP(長時間)の3モードがあり、メディア1枚4.7GBにそれぞれ約1/2/4時間の記録を行える。同社の新機種「DMR-E20」ではさらに長時間の「EPモード」が追加され、最長約6時間の記録が可能になった。EPの画質は「VideoCD並み」で、解像度は低く圧縮ノイズが散見された。これは動きの少ない番組で、かつ見たらすぐ消してしまうような画像記録向きのモードといえるだろう。一方DVD-RWの場合、ビデオレコーディング規格の「VRモード」では、1時間記録するSP(標準)モードと録画時間を1~6時間まで32段階で設定できるMN(マニュアル)モードの2種類がある。さらに、「ビデオモード録画」の場合は1時間記録の「V1」と2時間記録の「V2」という2つモードが用意されている。なお、DVD-RW陣営は、DVD-Rにはビデオモードでしか記録できないため最長でも2時間記録にとどまるが、DVD-RAM陣営のDMR-E20は「ハイブリッドVBR」を採用し、DVD-RメディアにもXP~EPの各モードで記録できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

録画モード (DVD)の関連キーワードコンボドライブスーパーマルチドライブDVDマルチドライブDVD-RAM記録型DVDHD DVDRAMDVDスーパーマルチドライブDVDハイパーマルチドライブ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone