コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵富三作(2代) かぎとみ さんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍵富三作(2代) かぎとみ-さんさく

1887-1935 明治-昭和時代前期の実業家。
明治20年11月6日生まれ。初代鍵富三作の養子。養父を補佐して実業界にはいり,大正2年日本硫黄を設立して社長に就任。新潟鉄工所,東京動産火災保険の取締役,第四銀行,越後鉄道などの監査役をつとめた。昭和10年8月22日死去。49歳。新潟県出身。新潟中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鍵富三作(2代)の関連キーワード明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android