コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍼砭・箴砭 しんぺん

大辞林 第三版の解説

しんぺん【鍼砭・箴砭】

療治用の、金属の針と石の針。
(患部に針を刺して治療するように)人の急所をおさえていましめること。いましめ。鍼誡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鍼砭・箴砭の関連キーワード患部急所