コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎧ノ袖 よろいノそで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎧ノ袖
よろいノそで

兵庫県北部,香美町の海岸にある断崖。高さ 65m,幅 200mのアルカリ粗面岩からなり,柱状および板状節理が交錯しての「威し」に似た外観となったのが名称の由来。国の天然記念物で,山陰海岸国立公園中の景勝地の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鎧ノ袖の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟香住海岸香住

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android