鎮守社(読み)ちんじゅしゃ

大辞林 第三版の解説

ちんじゅしゃ【鎮守社】

神仏習合の結果、寺の鎮守のために建立された神社。中世後期以降、鎮守の神を祀まつる神社一般をさすようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮守社の関連情報