コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏑木華国 かぶらぎ かこく

1件 の用語解説(鏑木華国の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鏑木華国

日本画家。愛知県生。名は武輔、字は知胤。初号は華岳。渡辺小華に師事し、南画を学ぶ。殊に花鳥画を能くした。渡辺崋山の顕彰に努め、遺墨展覧会の監修、『渡辺崋山遺墨帖』の発行等を行った。昭和17年(1942)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏑木華国の関連キーワード伊藤柳荘小山硬坪内滄明納鳳陽日比野文僊吉川弘道岩佐古香鬼頭道周山田介雲山本石荘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone