コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘崎漁業協同組合

1件 の用語解説(鐘崎漁業協同組合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鐘崎漁業協同組合

日本海の海女発祥の地とされる宗像市・鐘崎が根拠地。組合員数302人。天然物の魚介類の漁獲高では県内3海区(有明海、豊前海、筑前海)の36漁協で最大。まき網、フグはえ縄、イカたる流し、一本釣り漁など、漁船数は計245隻。漁獲高はピークの1991年で45億2千万円にのぼったが、2008年度は23億4200万円だった。

(2010-04-04 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘崎漁業協同組合の関連キーワード美原宗像市纒向遺跡アルブフェラ湖ガムラスタンスロッツホルメン戸賀湾トルコライス宗像・沖ノ島と関連遺産群日本海固有水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鐘崎漁業協同組合の関連情報