コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑する かんする

大辞林 第三版の解説

かんする【鑑する】

( 動サ変 ) [文] サ変 かん・す
鏡や水などに映す。 「恵庭、樽前の嶽影を-・する支笏湖/日本風景論 重昂
前例と照らし合わせて考える。かんがみる。 「深く従前の弊害を-・し/新聞雑誌 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鑑するの関連キーワード日本風景論照鑑従前

鑑するの関連情報