コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑽仰・賛仰・鑚仰 さんぎょう

大辞林 第三版の解説

さんぎょう【鑽仰・賛仰・鑚仰】

〔論語 子罕「仰之弥高、鑽之弥堅」〕
聖人の道を探求し徳を仰ぎ慕うこと。学問・研究に精進すること。さんごう。 「 -の嶺に攀ぢて/太平記 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鑽仰・賛仰・鑚仰の関連キーワード太平記

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android