長き眠り(読み)ナガキネブリ

デジタル大辞泉の解説

長(なが)き眠(ねぶ)り

長い間の眠り。迷いから長くさめないことのたとえ。
「逢ふと見しその夜の夢のさめであれな―は憂かるべけれど」〈千載・恋四〉
死ぬこと。永眠。
「七十の夢より後のいかならん―の果てぞ悲しき」〈続千載・雑下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながきねぶり【長き眠り】

長い夜の眠り。迷いのさめないことのたとえ。長夜の眠り。 「 -のさめぬ悲しさ/新千載 釈教
死ぬこと。永眠すること。 「 -のはてぞ悲しき/続千載 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android