コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長ける・闌ける たける

大辞林 第三版の解説

たける【長ける・闌ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 た・く
〔形容詞「高し」と同源〕
日が高くのぼる。 「朝日が既に-・けて/田舎教師 花袋
盛りをすぎる。末になる。季節が深まる。 「春-・けて」 「年-・けて又越ゆべしと思ひきや/新古今 羇旅
十分に備わっている。すぐれている。 「才-・ける」 「 﨟 ろう - ・ける」 「世故せこに-・ける」
[表記] たける(長・闌
「長ける」は“あることにすぐれている”の意。「才長ける」「世故せこに長ける」  「闌ける」は“たけなわになる。盛りが過ぎる”の意。「春闌けて」「日が闌ける」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android