コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長与 又郎 ナガヨ マタオ

20世紀日本人名事典の解説

長与 又郎
ナガヨ マタオ

明治〜昭和期の病理学者,男爵 東京帝大総長;癌研究会癌研究所所長。



生年
明治11(1878)年4月6日

没年
昭和16(1941)年8月16日

出生地
東京・神田

別名
号=看山

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔明治37年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔明治44年〕

経歴
山極勝三郎博士に病理学を学び、ドイツフライブルク大学に留学。帰国後、東大助教授を経て、明治44年病理学主任教授、のち医学部長、大正8年伝染病研究所長兼任。昭和4年癌研究会癌研究所を創設、所長となった。9年東大総長となり、12年の矢内原忠雄教授事件では結局辞表を受けたが、13年荒木貞夫文相の「帝大総長官選案」に反対、撤回させ、大学の自由を守った。16年退官後癌研究所に復帰。11年帝国学士院会員、男爵。心臓、肝臓研究の権威で、「心臓の病理に関する研究」「血球に関する研究」などは有名。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone