コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長与 善郎 ナガヨ ヨシロウ

20世紀日本人名事典の解説

長与 善郎
ナガヨ ヨシロウ

大正・昭和期の小説家,劇作家,評論家



生年
明治21(1888)年8月6日

没年
昭和36(1961)年10月29日

出生地
東京市麻布区宮村町(現・東京都港区)

学歴〔年〕
東京帝大英文科〔大正2年〕中退

主な受賞名〔年〕
読売文学賞(第11回・評論伝記賞)〔昭和34年〕「わが心の遍歴

経歴
明治44年「白樺」の同人となり「春宵」「亡き姉に」などを発表する一方、人道主義の論客としても活躍。大正5年から6年にかけて発表した「項羽と劉邦」で文壇的地位を確立し、以後「青銅の基督」「竹沢先生と云ふ人」などを発表。小説、戯曲、評論、随筆と幅広く活躍。昭和8年明治大学講師として東洋思想を講じ、10年から12年には満鉄の嘱託となって3度満州、中国を旅行、東洋への親近感から「韓非子」「東洋芸術の諸相」を刊行。戦後も幅広く活躍し、34年刊行の「わが心の遍歴」で読売文学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

長与 善郎 (ながよ よしろう)

生年月日:1888年8月6日
大正時代;昭和時代の小説家;評論家
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

長与 善郎の関連キーワード日本文学報国会河野 通勢長与 専斎涌島 義博青山 杉作太田経子昭和時代生年月日岸田劉生長与善郎長与専斎河野通勢岩永裕吉長与又郎劇作家椿貞雄小説家白樺派基督劉邦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android