コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長久保赤水 ナガクボセキスイ

8件 の用語解説(長久保赤水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながくぼ‐せきすい【長久保赤水】

[1717~1801]江戸中期の地理学者常陸(ひたち)の人。名は玄珠。水戸藩の侍講となり、「大日本史」地理志の編纂(へんさん)に加わる。「日本輿地路程全図」などの地図を作成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長久保赤水

赤浜の農家に生まれたが、幼くして両親などを亡くし、学問に理解がある継母に育てられる。農業をしながら儒学、天文学、地理学を学ぶ。35歳ごろから各種の文献を比較検討して編集する日本地図の作製を始める。1773年、芻蕘談を著す。77年、水戸藩6代藩主徳川治保(はるもり)の侍講(側近の先生)に推薦されて小石川上屋敷に移る。79年、「改正日本輿地(よち)路程全図」を完成させる。経線と緯線を記入した日本最初の地図で、幕末まで約100年間ベストセラーだった。のちに沿岸部を初めて実測して作成した伊能忠敬の「大日本沿海輿地全図」(1821年完成)が幕府の管轄下で一般の目に触れることはなかったのに比べ、赤水図は販売され当時の日本人に大いに利用されたという。

(2016-02-11 朝日新聞 朝刊 茨城全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長久保赤水【ながくぼせきすい】

水戸藩に仕えた地理学者。多賀郡赤浜村の人。名は玄珠(はるたか),字は子玉(しぎょく),通称は源五兵衛,赤水は号。初めて日本地図を経緯度の上に描いた《改正日本輿地路程全図》,漂流した船頭の話から書いた《安南国漂流記》,《奥紀行》などの著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長久保赤水 ながくぼ-せきすい

1717-1801 江戸時代中期-後期の地理学者。
享保(きょうほう)2年11月6日生まれ。名越南渓(なごえ-なんけい)らに師事する。安永8年(1779)日本最初の経緯度をいれた地図「改正日本輿地(よち)路程全図」を刊行。水戸藩主の侍講をつとめたあと「大日本史」地理志の編修にくわわる。享和元年7月23日死去。85歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は守道,玄珠(はるたか)。字(あざな)は子玉。通称は源五兵衛。著作に「東奥紀行」「安南国漂流記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長久保赤水

没年:享和1.7.23(1801.8.31)
生年:享保2.11.6(1717.12.8)
江戸中期の地図作者,農民出身の儒者。常陸国赤浜村(高萩市)生まれ。通称源五兵衛,名は玄珠,字は子玉,赤水は号。郷医鈴木松江,水戸藩儒名越南渓に漢学を学ぶ。安南(ベトナム)から帰国した近村の漂流民の身柄引き取りのため,庄屋代理として藩吏と共に赴いた明和4(1767)年の長崎への旅は,彼の著述意欲を大きく刺激した。『長崎行役日記』(1805),『安南漂流記』(写本),『清槎唱和集』(清国人との応酬漢詩集,1892)はその産物である。同5年の『改製日本扶桑分里図』は大坂で入手したらしい森幸安の経緯線記入日本図に基づいており,これを改訂した『改正日本輿地路程全図』は安永8(1779)年大坂の版元から出版された。刊本としては最初の経緯線記入日本図であり,幕末まで好評を博した。同6年郡奉行らの推薦により水戸藩主の侍講に任ぜられ江戸詰となった。寛政3(1791)年の退職後も江戸に留まって『大日本史』地理志の執筆に没頭したが,明治39(1906)年完成の『大日本史』には赤水のではなく栗田寛 の稿(「国郡志」)が採用された。そのほか,後世への影響が大であった彼の作品には,『地球万国山海輿地全図説』(マテオ・リッチ系,1788頃),『唐土歴代州郡沿革地図』(彩色歴史地図帳の嚆失,1790)があり,刊本の著作には『天文管窺鈔』(1774),『大清広輿図』(1785),『東奥紀行』(1792)その他がある。<参考文献>杉田雨人『長久保赤水』,茨城県郷土文化研究会編『長久保赤水』

(海野一隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながくぼせきすい【長久保赤水】

1717‐1801(享保2‐享和1)
江戸後期の地理学者。名は玄珠,字は子玉,通称は源五兵衛。赤水は号。常陸国赤浜村の人。経史詩文に通じたが,地理に最も精通し,召されて水戸藩主の侍読となり,《大日本史》の地理志編集にも関与した。彼が刊行した地図の種類の豊富さおよび後世への影響の大きさは,江戸時代でも例が少ない。おもな作品としては,森幸安の図の模倣ながら刊行図として初めて経緯線を記入した《改正日本輿地路程全図》(1779)をはじめ,清の康熙年間に成った洋式中国全図(《皇輿全覧図》)を利用した江戸時代最大の刊行中国図《大清広輿図》(1785),東洋ではおそらく山河,境域に着彩した最初の歴史地図帳《唐土歴代州郡沿革地図》(1790),直接には原目貞清の図(1720)を改訂したマテオリッチ卵形世界図《地球万国山海輿地全図説》(1788ごろ),1785‐86年(天明5‐6)の幕府第1次蝦夷地調査隊作成図による《蝦夷松前図》(1795ごろ)を挙げることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながくぼせきすい【長久保赤水】

1717~1801) 江戸中期の地理学者。本名は玄珠。水戸藩の侍読。日本で初めて経緯線を用いて「改正日本輿地路程全図」を刊行。また,世界地図「地球万国山海輿地全図説」など多数の地図を作成。「大日本史」の地理志編集にも関与。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長久保赤水
ながくぼせきすい
(1717―1801)

江戸中期の地理学者。名は玄珠、字(あざな)は子玉、通称は源五兵衛。赤水は号。常陸(ひたち)国多賀郡赤浜村(茨城県高萩(たかはぎ)市)の農民の子に生まれたが、学問を好み励んだ。1765年(明和2)近郷出身で安南(ベトナム)漂流民の送還者を迎えに長崎へ赴き、『安南漂流記』『長崎紀行』を著し、地理学に傾注した。1774年(安永3)ほぼ日本の沿岸の実形に即した『日本輿地(よち)路程全図』を作成。1777年水戸藩主の侍講に召され、『大日本史』地理志編纂(へんさん)に加わる。彼は修正に努めて『改正日本輿地路程全図』を1779年大坂で刊行、1785年(天明5)には世界図『地球万国山海輿地全図説』や中国図『大清(しん)広輿図』も刊行した。実測図ではないが、関連文献を深く検討した編著で、いずれも明治初年まで信頼されて版を重ね、広く流布した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長久保赤水の言及

【高萩[市]】より

…ほかにコンニャク栽培が盛ん。南の多賀郡十王町にまたがって国際電信電話会社茨城衛星通信所があり,赤浜には《改正日本輿地路全図》などを著した江戸後期の地理学者長久保赤水の旧宅がある。【中川 浩一】。…

※「長久保赤水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長久保赤水の関連キーワード瀧無量石金瀬浜井上南台植木筑峯大内玉江荻生青山菊池桐江菅井覇陵竹内長水津田又市

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長久保赤水の関連情報