コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長久手町

1件 の用語解説(長久手町の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長久手町

豊臣秀吉と織田信雄徳川家康連合軍が戦った1584年の小牧・長久手の戦いで知られる。1906年に長湫村、岩作村、上郷村が合併して長久手村に。71年に長久手町となる。2005年には愛知万博の主会場となった。町制施行からの40年間に人口は約5倍に増えた。長久手温泉ござらっせ、トヨタ博物館、名都美術館などがある。町のほぼ中央を東西にリニモ(東部丘陵線)が走る。古戦場つながりでベルギーワーテルロー市と姉妹都市提携している。1月4日に開市式、11日に市制施行記念式典を開く。

(2011-12-29 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長久手町の関連キーワード姉川の戦い長篠の戦い小牧長久手の戦い長久手三方ヶ原兼松正吉曾我尚祐富田知信(1)畠山貞政土方雄久

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長久手町の関連情報