コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長唄・長歌 ながうた

大辞林 第三版の解説

ながうた【長唄・長歌】

近世邦楽の一種目。江戸で歌舞伎舞踊の伴奏音楽として発展した三味線音楽。初期の歌舞伎の踊り歌と、元禄(1688~1704)頃に江戸にもたらされた上方長歌とを基に、享保(1716~1736)頃に確立し、以後、各種の音曲の曲節を摂取しつつ大成した。舞踊曲が本来だが、舞踊を伴わず長唄演奏のみの曲(お座敷長唄)も少なくない。と区別して江戸長唄ともいう。 《長唄》
地歌の曲種の一。個別の短編歌詞を組み合わせた三味線組歌に対して一貫した内容の歌詞をもつ新曲種として一七世紀末期に確立。上方長歌。 《長歌》
ちょうか(長歌) 」に同じ。 《長歌》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長唄・長歌の関連キーワード長歌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android