コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎の活版印刷

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長崎の活版印刷

南島原市加津佐町で1591年、天正遣欧使節が持ち帰ったグーテンベルク式印刷機で、日本初の活版印刷物となるキリシタン版が出版された。1869年には、オランダ通詞で後に長崎製鉄所(現・三菱重工長崎造船所)の初代頭取となる本木昌造が長崎市に活版伝習所を開いた。日本初の鋳造活字を完成させ、大阪、横浜、東京にも活版所をつくり全国に広めたとされる。

(2011-12-10 朝日新聞 朝刊 長崎 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

長崎の活版印刷の関連キーワード日本のおもな城九戸政実グレンビルインノケンチウス9世太閤検地伊達政宗本願寺身分統制令安土桃山時代(年表)九戸城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android