コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎ルートと線路の規格

1件 の用語解説(長崎ルートと線路の規格の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長崎ルートと線路の規格

運行する車両は、博多―長崎間(143キロ)で、様々な規格の線路を通る。博多―新鳥栖間はフル規格の九州新幹線鹿児島ルートと共用。新鳥栖で車輪間の幅を狭め、在来線の線路に乗り入れる。武雄温泉―長崎間は、幅は在来線と同じだが路盤はフル規格と同じ「スーパー特急」規格の新線を走る計画だ。このうち武雄温泉―諫早間は08年4月に着工。残る諫早―長崎間は国がまだ着工を認可しておらず、当面は再び在来線に乗り入れて運行する計画だ。

(2009-12-24 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎ルートと線路の規格の関連キーワード鋼索鉄道長崎本線ドクターイエローAVM夜行バスDMV(デュアル・モード・ビークル)デュアル・モード・ビークル(DMV)九州新幹線西九州(長崎)ルート北陸線・湖西線の直流化事業長崎新幹線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone