コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎市の斜面地

1件 の用語解説(長崎市の斜面地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長崎市の斜面地

長崎市では人口密度が高い旧市街地のうち約7割にあたる28平方キロが、標高20メートル以上で、勾配(こうばい)が5度以上の斜面地だ。住宅需要が急増した高度経済成長期に、棚田や段々畑として利用されていた農地を住宅地として造成。あぜ道を舗装し、生活道路としたところも多かったため、車が進入できない住宅地を生む結果になった。60年ごろには標高150メートル付近まで開発が進み、80年以降は200メートル以上の高台にまで住宅地が造成された。

(2007-05-27 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎市の斜面地の関連キーワード網点人口密度都市化市街地市街電車日が高い小児コレラデンシティDID(人口集中地区)DID旧市区町村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎市の斜面地の関連情報