コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎県南松浦郡新上五島町 しんかみごとう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕新上五島〈町〉(しんかみごとう〈ちょう〉)


長崎県西部にある町。五島(ごとう)列島北東部を占め、中通(なかどおり)島・若松島を中心とする島嶼郡からなる。町の北部は北端の津和崎鼻(つわざきばな)まで、魚目半島が約30kmにわたり延びる。南松浦(みなみまつうら)郡
2004年(平成16)、同郡の若松町、上五島町、新魚目町、有川町、奈良尾町が合併して成立。漁業が主産業で、アジ・イワシやサバの巻き網漁、定置網漁が盛んなほか、タイ・ハマチ・真珠などの養殖が行なわれる。かつては西海の捕鯨基地でもあり、鯨供養碑などが残る。ツバキ油や五島うどん(有川うどん)が特産品。折島、柏島付近には、石油海上備蓄基地がある。町の中西部の入り江奥に位置する青方(あおかた)港は古代遣唐船の寄港地。海中公園にも指定されている若松瀬戸は西海(さいかい)国立公園の景勝地で、最狭部には若松大橋が架かる。中通島の青砂ヶ浦(あおさがうら)天主堂、頭ヶ島(かしらがしま)の頭ヶ島天主堂は国の重要文化財に指定。隠れキリシタンにまつわる史跡も多く残る。奈良尾神社境内の奈良尾のアコウ(樹齢約650年)は国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

長崎県南松浦郡新上五島町の関連キーワード長崎県南松浦郡新上五島町東神ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町続浜ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町飯ノ瀬戸郷長崎県南松浦郡新上五島町三日ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町西神ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町榊ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷長崎県南松浦郡新上五島町小河原郷長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷長崎県南松浦郡新上五島町岩瀬浦郷長崎県南松浦郡新上五島町漁生浦郷長崎県南松浦郡新上五島町江ノ浜郷長崎県南松浦郡新上五島町津和崎郷長崎県南松浦郡新上五島町道土井郷長崎県南松浦郡新上五島町奈良尾郷長崎県南松浦郡新上五島町阿瀬津郷長崎県南松浦郡新上五島町榎津郷長崎県南松浦郡新上五島町丸尾郷長崎県南松浦郡新上五島町間伏郷