コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎県大村市のグループホーム火災

1件 の用語解説(長崎県大村市のグループホーム火災の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長崎県大村市のグループホーム火災

8日午前2時25分ごろ、認知症の高齢者が生活するグループホーム「やすらぎの里さくら館」(渕綾美施設長)の食事室から出火し、鉄筋一部木造の平屋約280平方メートルが全焼した。入所していた69〜92歳の高齢者9人のうち、焼け跡から5人が遺体で見つかり、2人は搬送先の病院で一酸化炭素中毒のため死亡した。2人は軽傷。入所者のうち、日常生活で自力で歩行、移動できた人は5人で、4人は車いすや手押し車手すりなどを用いていた。また、4人が重度の認知症だった。職員は常勤、非常勤合わせて10人。

(2006-01-15 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎県大村市のグループホーム火災の関連キーワード高齢社会アルツハイマー型認知症認知症サポーター制度要援護高齢者要介護高齢者川端商店街の火災東北空襲名古屋刑務所の革手錠事件認知症サポーター認知症患者の療養場所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone