コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎県東彼杵郡川棚町 かわたな〈ちょう〉

1件 の用語解説(長崎県東彼杵郡川棚町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕川棚〈町〉(かわたな〈ちょう〉)


長崎県中部、大村湾北岸の町。東彼杵(ひがしそのぎ)郡
川棚川河口東岸の海軍工廠(こうしょう)跡地に第二次世界大戦後、耐火レンガ・タイルなどの窯業・食品加工・縫製などの工場が進出。農業は肉牛飼育・稲作のほか、ミカンアスパラガスなどの施設栽培が盛ん。小串とまとを特産。一本釣りなどの漁業のほか、真珠養殖行われる。大崎半島に県立大崎自然公園が広がり、海水浴場や宿泊施設、くじゃく園などを備えた県下有数のレクリエーション基地となっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎県東彼杵郡川棚町の関連キーワード針尾瀬戸大村川棚[町]琴海[町]西彼[町]彼杵荘時津[町]長与[町]東彼杵[町]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎県東彼杵郡川棚町の関連情報