コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎県東彼杵郡東彼杵町 ひがしそのぎ〈ちょう〉

1件 の用語解説(長崎県東彼杵郡東彼杵町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕東彼杵〈町〉(ひがしそのぎ〈ちょう〉)


長崎県中部、大村湾東岸の町。東彼杵郡
北西部は佐賀県に接する。江戸時代長崎街道の宿場町・港町として繁栄。彼杵港は五島や平戸沖で捕らえた鯨の肉や脂の集散地でもあった。稲作とビワ・イチゴミカンの栽培が盛ん。そのぎ茶の産地で、製茶工場が操業。JR大村線、国道34号・205号や長崎自動車道が通じる。千綿渓(ちわたけい)は龍頭泉(りゅうとうせん)などの名瀑を有する景勝地。坂本浮立(ふりゅう)と千綿の人形芝居が伝わる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎県東彼杵郡東彼杵町の関連キーワード針尾瀬戸大村川棚[町]琴海[町]西彼[町]彼杵荘時津[町]長与[町]東彼杵[町]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone