長崎県松浦市(読み)まつうら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕松浦〈市〉(まつうら〈し〉)


長崎県北部にある市。
北松浦半島北部と、伊万里湾の鷹島・福島・黒島などの島嶼部からなる。2006年(平成18)、旧・松浦市と北松浦(きたまつうら)郡の福島町、鷹島町が合併して現在の姿となる。旧・松浦市や福島町はかつて炭鉱町として栄えたが、1960年代後半~70年代前半にかけて閉山。半島部では、火力発電所や遠洋巻き網漁業基地を誘致し工業都市へと変容。福島町の炭鉱地跡には大型液化ガス基地を建設。水産業が盛んで、アジやサバの漁獲量は日本有数。島嶼部ではタイ・ハマチ・クルマエビなどの養殖も行われる。稲作のほか、ミカン・メロン・ブドウ・茶・葉タバコの栽培が盛ん。鷹島は江戸時代から阿翁(あおう)石の産地として知られ、石材加工業が盛ん。同島はまた弘安の役で元軍が全滅した地で、元寇(げんこう)関連の史跡が多い。福島大橋は佐賀県伊万里市と福島町を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎県松浦市の関連情報