長崎県西海市(読み)さいかい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕西海〈市〉(さいかい〈し〉)


長崎県西部にある市。
西彼杵(にしそのぎ)半島西部と、周辺の竹ノ島・前ノ島・松島・南串島(なぐしじま)などの島嶼郡からなり、西方沖合の江島などの離島も市域に含む。東部は大村湾を臨み、南部は長崎市と接する。2005年(平成17)、西彼杵(にしそのぎ)郡の西彼町、西海町、大島町、崎戸町、大瀬戸町が合併して成立。横瀬(よこぜ)浦は室町時代末期の南蛮貿易港として有名。市の西部にあたる五島灘周辺は江戸時代から捕鯨基地として栄えた。明治以降は松島の海底炭鉱に代表される炭鉱の町として発展。昭和40年代に全鉱が閉山した後は造船所などを誘致。また製塩業も活発となる。アジ・タイ・カキ・真珠の養殖のほか、ジャガイモ・サツマイモ・ミカン・スイカなどの栽培と畜産が盛ん。海岸部の多くは西海国立公園や2つの県立公園に指定された景勝地で、西海町の七釜(ななつがま)鍾乳洞は国の天然記念物に指定。長崎バイオパークは動物たちの行動展示が人気の動物園。西海橋、大島大橋、崎戸大橋など数々の橋が架かり、海水浴場も点在する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎県西海市の関連情報