長崎県雲仙市(読み)うんぜん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕雲仙〈市〉(うんぜん〈し〉)


長崎県南東部にある市。
島原半島北西部を占める。北は有明海の諫早湾に面し、南西部は橘(たちばな)湾に面する。南東部に国特別名勝の雲仙普賢岳など雲仙山系の山々が連なり、そこを源とする小河川が多数流れる。2005年(平成17)、南高来(みなみたかき)郡の国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町が合併して成立。河川流域や諫早沿岸の干拓地は稲作が盛ん。ほかにジャガイモ・イチゴ・ミカンなどの栽培や、畜産・酪農が行われる。イワシなどの沿岸漁業のほか、ノリやハマチの養殖も盛ん。多比良(たいら)港からは熊本県長洲(ながす)港へ向かうフェリーが運航。雲仙普賢岳の周辺は日本最初の国立公園である雲仙天草国立公園に指定されている。千々石断層(ちぢわだんそう)上には雲仙岳を臨む展望台があり、千々石海岸は白砂青松が美しい。市内には百花台(ひゃっかだい)遺跡(旧石器時代から縄文時代)・筏(いかだ)遺跡(縄文時代)などの考古遺跡や、キリシタン関連の史跡も多い。雲仙温泉・小浜温泉などの温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎県雲仙市の関連情報