長春 真人(読み)ちょうしゅんしんじん

旺文社世界史事典 三訂版の解説

長春 真人
ちょうしゅんしんじん

1148〜1227
金末〜元初期の道教全真教の道士
登州(山東省)の人。全真教の祖王重陽 (おうじゆうよう) に学んだ。チンギスハンの招きで,ヒンドゥークシ山脈の南まで行き,『長春真人西遊録』の大旅行記を残した。道教の最高管理者の職を授けられ,燕京 (えんけい) (現在の北京)で没した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報