コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期病欠職員を巡る談合事件

1件 の用語解説(長期病欠職員を巡る談合事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長期病欠職員を巡る談合事件

県警は19日、奈良市と県発注の工事の入札で談合したとして、元市職員A被告(懲戒免職職務強要罪で起訴)と、妻のB容疑者を競売入札妨害容疑で書類送検した。2人は9月12日にあった市営住宅の建て替え工事の入札で落札業者を決めるくじ引きに参加。その後の捜査で、8月17日の県発注の道路改良工事の入札で談合の協定に参加したことも判明した。B容疑者は別の県の工事を巡り、談合の仕切り役を務めたとして競売入札妨害容疑で逮捕されている。

(2006-12-20 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長期病欠職員を巡る談合事件の関連キーワード入札えびの市入札妨害事件宮崎県の官製談合・汚職事件橋梁工事談合青森市発注工事の受注調整問題奈良市の不祥事和歌山県発注工事をめぐる談合・汚職事件91社談合愛知県瀬戸市の郵便入札談合暴排北九州方式

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone