長柄・長握(読み)ながつか

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
矢束(やつか)の特に長いもの。
※文正記(1466)「縦雖強弩・長握鎮西八郎為朝、難透事
② (「ながづか」とも) の柄(つか)の長いもの。
※浮世草子・男色大鑑(1687)八「白糸長柄(ナカヅカ)ぬき出し」
③ (「ながづか」とも) スズキ目タウエガジ科の海産魚。体長六〇センチメートルに達し、体は側扁して細長く、背びれの(すじ)はすべて棘(きょく)状となる。体色は黄褐色で、体側の上半に黒点が密布する。食用。本州の日本海側と太平洋側では千葉県以北、オホーツク海の水深三〇〇メートルより浅い砂泥底に生息。わらづか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android