コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田新(1887~1961)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長田新(1887~1961)

長野県出身の教育学者。広島文理科大教授だった1945年8月6日、爆心地から1・6キロの広島市平野町(現・中区)の自宅で被爆した。戦後は、平和運動に尽力原爆の悲惨さを伝えようと、被爆した子ども105人分の手記を「原爆の子」としてまとめ、1951年に出版。映画や絵本になり、国内外で反響を呼んだ。

(2011-09-25 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

長田新(1887~1961)の関連キーワード日本子どもを守る会コンサートマスターペスタロッチ映画ひろしまフレーベル新教育運動沢柳政太郎2月1日平和教育直観教授成城学園藤野孫一荘司雅子長田新長田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android