コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長白山(白頭山)

1件 の用語解説(長白山(白頭山)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長白山(白頭山)

中朝国境地帯を走る山脈の最高峰。山頂のカルデラ湖「天池」周辺には図們江(豆満江)や鴨緑江の水源がある。朝鮮民族は民族発祥の霊峰とし、白色の軽石層に覆われていることから白頭山とも呼ばれる北朝鮮側は故・金日成主席が抗日パルチザン闘争の根拠地を築き、金正日総書記が生まれたともしている。

(2007-07-25 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長白山(白頭山)の関連キーワードアンデス山脈カラコルム山脈シエラネバダ山脈長白山脈幌尻岳ピレネーヒンズークシ山脈カフカス山脈讚岐山脈スカンジナビア山脈

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone