コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長良川水害訴訟

1件 の用語解説(長良川水害訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長良川水害訴訟

水害の翌77年、旧墨俣町の800人、安八町の1200人がそれぞれ損害賠償を求めて国を訴えた。安八訴訟で岐阜地裁は82年、「堤防の管理ミス」を認め、住民が勝訴した。しかし、その後「国の河川管理には財政的、時間的制約がある」とする大東水害訴訟の最高裁判決(84年)が出された後、安八訴訟も名古屋高裁(90年)、最高裁(94年)と敗訴した。墨俣訴訟は地裁判決(84年)から敗訴だった。その後、水害訴訟は今年の東海豪雨判決に至るまでほとんど住民敗訴が続く。安八訴訟の地裁勝訴は、国の責任を広く認めていた時代の最後の判例だった。

(2006-09-09 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長良川水害訴訟の関連キーワード大垣水害予防組合風水害要害の板7・13水害の仮設住宅大泉町の外国人大相撲の番付長崎大水害南魚沼、魚沼両市の合併の経過路線別の旅客数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone